「和」と「輪」で
ロータリーを楽しむ一年に

「そうだね」。
今年の平昌冬季五輪の際、こんな言葉が、ちょっとした話題になりました。

カーリング女子日本チームが「合言葉」のように使ったフレィズです。その何気ない一言がチームの一人一人を元気づけ、励まし合い、時には失敗を許し合い、結果的に堂々のメダルへと導いたのです。

チームに欠かせない「和」と「力」に繋がる「輪」をもたらしたと言っていいでしょう。

ロータリークラブのキーワードは「職業奉仕」です。
I Serve。メンバー一人一人が、それぞれの生業(なりわい)を通じて社会に奉仕をしようというものであることは言を待ちません。

私たちの山梨ロータリークラブには51人の仲間たちがいます。

そんな多彩なメンバーが「チーム・山梨ロータリークラブ」を形作っているのです。
それを育んでいるのは「和」であることは間違いありません。

キーワードの「職業奉仕」を遂行するのも、この「和」なくして成り立ちません。

多士済々の仲間たちが織り成す「和」は、山梨ロータリークラブの活力を生み出す「歯車」となり、「輪」になっています。


バリー・ラシンRI会長(バハマ)が提唱した今年度のテーマは「BE THE INSPIRATIONになろう」です。私なりに「創造者になろう」、と受け止めています。

いかなる組織も、それが集まっての社会も、この「創造」なくして進歩はありません。

ロータリークラブも同じです。
それぞれが地域やクラブにふさわしい活動を「創造」して行かなければなりません。

言い換えれば、統一的な上位下達ではなく、主体性を持った委員会活動を軸にした個性豊かなクラブであることが大事だと思います。


ロータリーはRI(Rotary International)の文字が示す通り、国際的な組織です。

そこには人種や言語を超えた共通の志を持つ人々の輪があり、交流があります。

職業奉仕という共通の理念を持ちながらも、その形や進め方は違って当たり前です。
単なる形式にこだわるのではなく、自分たちの地域や環境に合った活動こそがロータリーの本質であり、組織の活性化はむろん、地域社会に理解と信頼を得る源と思います。
何よりも大切なのは、多岐にわたる職業と幅広い年齢層の仲間たちが和気あいあいの楽しいクラブ活動をすることです。

ロータリアンが持たなければならない理念を大切にしながら、みんなでロータリーを楽しむ一年にしたいものです。


来年度は当クラブが創設されて50年の記念すべき年です。

創立50年という節目の年へ、しっかりとタスキを渡したいと考えています。

半世紀に及ぶ歴史は先人たちの弛まぬ努力の賜物であったことは言うまでもありません。

それを60年、70年、100年と未来に引き継ぐのは、「今」を担う私たちと新たに仲間入りする人たちの責任ではないでしょうか。

【2017~18】

深澤 一孝

【2016~17】

三枝 照二

【2015~16】

藤原 久雄

【2014~15】

山崎 幸明

【2013~14】

初海 一

【2012~13】

古屋 英世

【2011~12】

山田 清岡

【2010~11】

秋山 保正

【2009~10】

古屋 正美

【2008~09】

内田 正朗

【2007~08】

高木 晴雄

【2006~07】

林 純一

【2005~06】

吉原 俊夫

【2004~05】

松川 敏

【2003~04】

矢野 潔

【2002~03】

深澤 定雄

【2001~02】

雨宮 毅

【2000~01】

河野 文明

【1999~00】

詫間 仁

【1998~99】

雨宮 安武

【1997~98】

雨宮 義一

【1996~97】

藤巻 隆基

【1995~96】

青柳 春重

【1994~95】

野沢 悟郎

【1993~94】

佐藤 博孝

【1992~93】

雨宮 博文

【1991~92】

中込 義朝

【1990~91】

手塚 税

【1989~90】

山本 武男

【1988~89】

辻 義郎

【1987~88】

中村 優

【1986~87】

野沢 進

【1985~86】

斎藤 悟郎

【1984~85】

岩間 徳純

【1983~84】

古屋 正明

【1982~83】

中沢 孝

【1981~82】

小野 洋四郎

【1980~81】

大辻 信善

【1979~80】

水地 敏雄

【1978~79】

米倉 秀雄

【1977~78】

大田 乾次郎

【1976~77】

長沼 嘉春

【1975~76】

丸山 英雄

【1974~75】

大辻 信善

【1973~74】

古屋 富雄

【1972~73】

中村 健三

【1971~72】

代永 都志雄

【1970~71】

松村 忠仁

●開催日

毎週水曜日

12:30~13:30

●会場

割烹旅館「秋 月」

〒405-0018

山梨市上神内川1167

TEL 0553-22-2036